MSC延長
保証

貨物にふさわしい保護

荒天、火災、盗難、その他様々な事態において、貨物を経済的損失から保護することは極めて重要です。

MSCの延長保証ソリューションは、お客様の貨物の一部または全額を保護するために必要な追加レベルの保護です。 MSC延長保証は、幅広い貨物カテゴリーに対応しています。

シンプルで迅速なクレーム解決プロセスと、必要書類の提出から30営業日以内のクレーム解決を目指すワンストップアプローチにより、貨物の保護がかつてないほど簡単になりました。数回のクリックで予約に拡張プロテクションを追加し、貨物の価値のシームレスな保護と、貨物保護の旅のあらゆる段階での専門チームのサポートをお楽しみください。

  • ワンストップアプローチ

  • できる限り幅広い貨物保護

  • 価格設定

  • お客様のクレームに対応するユニークな窓口

MSC延長保証を選ぶ理由

競争力のある料金体系から、万が一のクレームへの対応、安心してお任せください。MSC延長保証をご利用いただくと、輸送中に貨物に損害が発生した場合、フランチャイズ保険や補足的な「オール・リスク」保証が適用されます。

なお、この「オール・リスク」プロテクションは、貨物価格(CIF価格+10%)に基づく最低追加費用が必要となります。

ワンストップアプローチ

当社はいつもあなたの味方です。そのため、MSCの延長保証ソリューションは、MSCをご利用の際にお客様をサポートするワンストップアプローチとして設計されています。このアプローチは、より効率的でシンプルなプロセスを保証します。

幅広い範囲

当社のソリューションは、世界中のスポット輸送とボリューム契約の両方で利用可能です。MSCの延長保証は、倉庫間輸送を含む幅広い輸送ソリューションに対応しています。これにより、輸送会社の輸送力に応じて、貨物をドアツードアで保護することが可能になります。


当社の延長貨物保護サービスは、冷凍貨物や、限度額の高いドライコンテナにもご利用いただけます。生鮮食品については、専用のソリューションもご用意しています

価格設定

MSC延長保証に課される料金表は、お客様の貨物の価値と特殊性に基づいて計算されます。また、部分的価値補償を選択するオプションもあります。適用される料金表は貨物の送り状に表示され、貨物にふさわしい保護を確実に受けることができます。

簡単な保険請求処理で貨物を保護

延長保証保険請求は、記入したファイルの提出から平均30営業日以内での締結を目指します。保険金請求に伴う影響を最小限に抑えるため、以下のような簡単な手続きで保険金請求を行うことができます。

● 保険金請求に必要な書類が少ない
● 簡素化された、効率的で簡単な処理
● 現地窓口

迅速なクレーム処理

貨物保険請求処理は、3つの主要な要素に基づく迅速な手続きにより、MSCが直接行います。

  • 簡単な処理

  • 専任の保険請求担当チームによるサポート

  • MSCが指名するサーベイヤーによる調査

MSC延長保証ソリューションの補償内容

MSC延長保証は、幅広い貨物をカバーし、当社での輸送中の事故による損傷、紛失、盗難に対して、貨物を追加的に保護するものです。

当社の延長賠償保険は、以下の事由による貨物の紛失や破損を対象とします。

● 火災
● 座礁、沈没、衝突による損害
● 悪天候
● 不可抗力、自然現象
● 水濡れ(コンテナ上面に穴が開いて水が浸入すること)
● 港湾労働者の誤操作
● 盗難および盗品
● 冷凍庫の温度変化(連続24時間)

MSC延長保証ソリューションの補償範囲外のケース

当社の貨物保護精度は、以下の事由による貨物の紛失や破損には適用されませんので、ご注意ください。

● 地政学的事象(制裁対象国、個人または物品、押収または逮捕、暴動、ストライキ、戦争的活動、テロ、武器、サイバーリスクおよび類似の事象)
● 遅延
● 梱包が不十分または不適切な場合
● 荷送人、荷受人または他の商人の故意の不法行為に起因する紛失や破損
● 通常の漏出、減量、摩耗および破損
● 固有の欠陥、品質または悪徳商法
● 温度または気圧の変化

MSCの延長貨物保護サービスに関するFAQ

MSCの延長保証サービスでは、貨物をシームレスに保護します。

MSC延長保証は、貨物に損害が発生した場合にどのように機能するのですか?

貨物の紛失・破損時の対応

  • 損傷が明らかな場合は、直ちにMSCの現地代理店に連絡し、MSCの費用負担でロイズ検査官による貨物検査を手配してください。損傷が直ちに明らかでない場合は、配達日から3日以内にMSC現地代理店までご連絡ください。

  • コンテナが損傷していたり、シールやロックが破損、紛失していたり、船積書類に記載されている以外の状態で引き渡された場合は、それに応じて納品書を文書化し、想定される損失または損傷を記載する必要があります。また、欠陥や異常のあるシールやロックは、その後の識別のためにすべて保管しておく必要があります。

  • 損傷が明らかな場合-商品の引渡しを受ける前に、引渡受領書を文書化し、想定される損失または損傷を記載し、さらなる検査のためにすべての梱包材を保管してください。また、破損した荷物や品物の写真を撮ってください。また、破損した荷物や品物の写真を撮り、発見時の詳細と見積もり金額をMSCにお知らせください。

  • 損傷が明らかでない場合- 紛失または損傷を発見した場合、直ちにその旨を文書に記録し、発見の詳細と請求予定額をMSCに通知してください。

延長保証と貨物保険の違いとは?

貨物保険とは異なりますが、MSCの延長保証サービスは、MSCがお預かりしている間に貨物の紛失や破損が発生した場合に備え、より一層の安全性を提供するものです。MSCの延長保証サービスは、標準的なMSC船荷証券の運送条件を拡大する拡張責任商品です。

海上貨物保険と延長保証を組み合わせることはできますか?

延長保証サービスは、既存の貨物保険と組み合わせてご利用いただけます。延長保証は、お客様の海上保険に追加するのに最適なサービスであり、免責金額をカバーするため、価値ある投資となります。

拡張保証サービスはスポット出荷や大量出荷でも利用できますか?

MSC延長保証は、貨物の種類を問わず、またすべての貨物に適用されます。

MSCの貨物保護ソリューションは、すべての貨物と設備に適用されますか?

現在、MSC延長保証はドライコンテナおよびリーファーコンテナで輸送される貨物にご利用いただけます(冷凍貨物のみ)。生鮮貨物を保護する場合は、専用のソリューションページをご覧ください。

貨物が延長保証の対象となるかどうかを確認するには、こちらの貨物除外をご確認ください。

一部の貨物はEPRで保護することができますが、一定の条件(制限貨物として定義されています。)があります。制限貨物リストと条件はこちらをご覧ください。

More FAQs?

Download FAQs

利用規約

クレーム処理手順

MSC延長保証パンフレット

お問い合わせください

私たちがお手伝いします